社是・経営理念

社是

「よい品、より安く」

経営理念

私達は、
  • 1.お客様に信頼され、なくてはならない会社
  • 2.共に働く仲間が、生きがいと誇りを持てる会社
  • 3.地域社会から広く支持され、愛される会社
であるよう、たゆまぬ努力を続けます。

企業憲章

1. 法令および社会規範等の遵守
私たちは、国内外の関係法令、社会規範、社内規程を遵守し、高い倫理観を持って企業活動を行い、社会的責任を果たします。
2. 社会への貢献
私たちは、国内外の文化・習慣を尊重し、環境保全に努め、地域とともに成長し、地域に喜ばれる企業となります。
3. 企業の存在意義
私たちは、最先端技術の研究と開発に努め、製品・サービスを、お客様に満足していただける品質・コストで、全世界に提供します。
4. よりよいコミュニケーションと企業風土の醸成
私たちは、社内外、職位を問わず様々な人の意見を真摯に受け止め、自由な発想で、活発に意見を表明できる、明るく活力のある企業風土を作ります。
5. 従業員の尊重
私たちは、従業員の人格、個性を尊重し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、従業員のゆとりと豊かさの実現に努めます。
6. 適切な情報開示
私たちは、企業情報を適切に開示し、企業の透明性と健全性を向上させます。
7. 社会との調和
私たちは、良き企業市民として社会と調和し、社会秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力には断固対決します。
8. 取引先・関係会社等と共に成長・発展
私たちは、常にグローバルな視野で革新的な経営を行い、取引先・関係会社等様々なステークホルダーと共に成長・発展に努力します。

行動憲章

就業規則を守るための行動規範および当社の役職員として良識を持ち、誠実に、そして高い倫理観を持って行動できるようにするためのものです。

行動指針

第1章 会社との関係におけるわたしたちの行動

1. 明るい健全な職場づくり
  1. 安全・健康の確保...わたしたちは、職場の安全を最優先し、健康の確保に努めます。
  2. 人格の尊重...わたしたちは、人格を尊重し、セクハラ・パワハラを行わず、職場の環境や人間関係を、より良いものとします。
  3. 誠実な行動...わたしたちは、社会常識に照らして、法およびその精神を遵守し、不正・不誠実な行為を行いません。
  4. 職務への専念...わたしたちは、経営理念を正しく理解し、職務に専念し、職場の秩序と風紀を向上させます。
2. 資産保全と機密の管理
  1. 資産の保全...わたしたちは、会社の資産を大切にし、事業活動以外の目的に使用しません。
  2. 知的財産の保護...わたしたちは、会社の知的財産を、不正使用されないように注意を払い、他人の知的財産の無断使用や、不正コピーを行いません。
  3. 企業機密の保護...わたしたちは、会社の企業機密を厳重に管理し、流出防止に努めます。
  4. 個人情報の保護...わたしたちは、会社は保有する全ての個人情報を適正に管理します。

第2章 会社の活動におけるわたしたちの行動

3. 環境保護活動
  1. 環境への配慮...わたしたちは、省資源、省エネ、リサイクル促進などに積極的に取り組みます。
4. 営業・調達活動
  1. 公正な取引の確保...わたしたちは、独占禁止法その他内外の競争法を遵守し、全ての取引先と、公平かつ公正な取引を行います。
  2. 贈収賄の禁止...わたしたちは、国内外で贈収賄その他不正な手段による不当な利益は一切求めません。
5. お客様から信頼されるモノづくり
  1. 安全な作業...わたしたちは、「安全は全てに優先する」という考えのもと、業務を行います。
  2. 品質の確保...わたしたちは、後工程をお客様と考え、製品の品質確保に努めます。
  3. たえまない改善...わたしたちは、自らの能力や技能を向上させ、継続的な改善を促進します。
6. 世界から信頼される企業を目指して
  1. 国際・地域ルールの尊重...わたしたちは、事業活動を展開する上で、国際ルールと地域ルールを守ります。
  2. ものづくりで世界に貢献...わたしたちは、「よい品、より安く」の精神に則った製品を開発し、グローバルに生産・提供します。
  3. 輸出取引の管理...わたしたちは、輸出取引において法令も基づいた手続きを遵守し、適正な取引を行います。

第3章 社会との関係におけるわたしたちの行動

7. 社会とのオープンで公正なコミュニケーション
  1. 適時・的確な情報提供...わたしたちは、社外の声に耳を傾け、的確な情報をタイムリーに提供します。
8. 社会から信頼される企業市民に
  1. 積極的な社会活動への参加...わたしたちは、ボランティア活動、防災・防犯活動に積極的に取り組み、地域行事に参加して地域社会との交流を深めます。
9. 健全な市民として
  1. 反社会的勢力への対応...わたしたちは、暴力団等の反社会的勢力とは、いかなる関係ももたず、不当な要求には、組織として毅然と対応します。
10. 思いやりのあるドライバーとして
  1. 交通ルールの遵守...わたしたちは、シートベルトを着用し、スピードは控えめに、飲酒運転は絶対に行わず、交通ルールを守ります。
  2. 思いやりのある運転...わたしたちは、交通マナーを守って、思いやりのある運転を行います。

内部統制基本方針

当社の内部統制に対する基本的な姿勢は、業務を適正に遂行するため、取締役自らが率先垂範して法令及び企業倫理を遵守し、取締役の言動を通じて社員への浸透を図ることです。また、業務の執行に際しては、問題発見と改善の仕組みを業務執行プロセスに組み込むと共に、それを実践する人材育成と組織づくりに取り組みます。

1. 取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
  1. 「企業憲章」、「行動憲章」及び「コンプライアンス規程」を定め、法令及び定款に適合する企業の姿勢を共有するとともに、役員研修等の場において、取締役が法令及び定款等に則って行動するよう徹底します。
  2. 業務執行にあたっては、取締役会及び組織横断的な各種機能会議体で総合的に検討したうえで意思決定を行います。
  3. 取締役会、経営会議等意思決定の過程においては、会議体としての実質をうるために互いの領域に閉じこもることなく緊密に意見交換し、必要に応じて互いに忠告もする積極的で活発かつ開かれた情報交流の下で適正な意思決定を行います。
2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
取締役会議事録・経営会議議事録等、取締役の職務の執行に係る文書・情報(電磁的記録を含む)は、関係規程並びに法令に基づき各担当部門で適切に保存及び管理します。
3. 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
  1. 予算制度等により資金を適切に管理するとともに、稟議制度により組織横断的な牽制に基づいて業務執行を行います。重要案件については、取締役会等への付議基準を定めた規程に基づき、適切に付議します。
  2. 資金の流れや管理の体制を文書化する等、適切な財務報告の実施に取り組み、適時適切な情報開示を実施します。
  3. 安全、品質、コンプライアンス、その他各種リスクに対する委員会の設置、点検活動を行う等の管理を行います。
  4. 災害等の発生に備えてマニュアルの整備や訓練を行うほか、必要に応じてリスク分散措置及び保険付保等を行います。
4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  1. ビジョン、中期の経営方針及び年度毎の会社方針を基に組織の各段階で方針を具体化し、一貫した方針管理を行います。
  2. 組織・業務分掌規程及び職務権限規程に基づき部門の業務・役割と責任を明確にするとともに、執行役員及び機能担当部長に業務執行権限を与えて機動的な意思決定を図ることにより、取締役の職務の効率性の確保に努めます。
5. 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
  1. 「企業憲章」、「行動憲章」及び「コンプライアンス規程」を定め、階層別研修等の場において全社員が法令及び定款等に則って行動するよう徹底します。
  2. 各部門の業務の実態を把握し、これを検証及び評価することにより、それらの適正を確保するための内部監査制度を設け、各部門から独立した「監査室」が監査を行い、その監査結果を適宜、取締役会に報告します。
  3. 内部通報制度として「フタバヘルプライン」を設け、監査室と外部弁護士を相談・通報の窓口として自浄作用を発揮し、コンプライアンス違反を未然に防ぐ体制を整備しています。
6. 企業集団における業務の適正を確保するための体制
  1. グループ全体で、経営理念、ビジョンを共有し、グループの意思統一を図り、フタバ行動指針に従い、法令及び定款等に則って行動するよう徹底します。
  2. 子会社の業務の適正確保のため、適任取締役の子会社非常勤取締役就任などにより指導及びチェックを行い、子会社の情報収集及び提供を充実させ業務を効率的に行います。
  3. 子会社の取締役等は定期的に子会社との会議を行い、意見交換や情報交換により連携を深め、その内容を適宜、取締役会で報告を行い、取締役会は子会社の業務の適正と適法性を確認します。
  4. グループ全体で、「グループリスク管理規程」に基づき将来発生する可能性のあるリスクを識別し、未然防止、再発防止のために対策を行います。
7. 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
監査役の職務を補助する使用人を置き、監査役監査が適切に行われるように業務執行取締役からの指揮命令は及ばないものとします。
8. 前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項
監査役は、監査役の職務を補助する使用人の人事・組織については事前に同意することにより、独立性を確保します。
9. 取締役及び使用人、子会社の取締役等が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制
  1. 取締役及び社員、子会社の取締役等は、監査役からの求めに応じて、法定事項に加え内部監査結果・内部通報情報・リスク管理に関する重要な事項を報告します。また、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、直ちに監査役に報告します。
  2. 取締役及び社員、子会社の取締役等からの監査役への通報については、報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利益な取り扱いを行わない。
10. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
  1. 監査役は、取締役会・経営会議ほか重要な会議への出席、重要文書の閲覧等、経営状況を適宜把握できる体制とします。
  2. 監査役が、代表取締役、会計監査人、内部監査部門と定期的に意見交換する体制を確保します。
  3. 当社は、監査役会が決定した規則に基づき申請された監査費用等を負担します。

腐敗防止(反贈収賄)ポリシー

私たちフタバグループ(以下「FUTABA」という)は、贈収賄その他不正な手段によらなければ得られない利益は一切求めません。企業倫理の遵守はFUTABAに対する信頼の礎(いしずえ)であることを社員ひとりひとりが自覚し、高い倫理観を持って日々の業務に臨みます。

なお、FUTABAでは、「腐敗防止(反贈収賄)ポリシー」を制定し、グローバルかつ全事業分野にわたり、腐敗防止(反贈収賄)の徹底を図っております。